HONDA-CONNECT

  • 佐藤琢磨選手
    日本人初のインディ500制覇!!

    5月28日にインディアナポリス・モータースピードウェイで開催された

    インディカー・シリーズ第6戦第101回インディ500にて、佐藤琢磨選手が優勝を飾りました。

    100年以上の歴史を誇るインディ500は、モナコ、ル・マン24時間と並ぶ「世界3大レース」

    の1つに数えられており、長い歴史の中でも日本人が優勝するのは初めての事。

    2012年のインディ[…]

    • とにかくおめでとうございます!
      本当におめでとうございます!とにかくやってくれました!
      僕らの夢をまた一つ叶えてくれました!

    • おめでとうございます👍国民名誉賞あげて欲しいですね😊

  • 新型シビックSi
    借り物のバンパーで見事クラス優勝!!

    5月24日 、カナダ・オンタリオ州のカナダタイヤモータースポーツパークで開催されました

    ピレリ・ワールドチャ[…]

  • Honda Proving Centerがリニューアルオープン!

    1990年に設立されたホンダのテストトラックであるHonda Proving Centerが新たにリニューアル

    され、そのテスト動画と共に公開されました。

     

    Honda Proving C[…]

  • シビック タイプR EP3がニュルで横転!

    ホンダシビックタイプR EP3がニュルで横転クラッシュする映像が話題となっていましたので

    シェアさせて頂きます。[…]

  • HONDA-CONNECTさんが新しいコメントを投稿しました。 2017年5月22日 11:12 AM

    やはりターボだとそれぐらいになっちゃうんですね。。。

  • ホンダの面白CM!
    インディカーが新型シビックに変身!!

    新型シビックタイプRの発売に向けUSホンダから新型RのCMが公開されました!

    Honda Motorsports- “Racing at Heart”と題される約30秒のCMは

    オフロードレース、バハ1000の参戦マシンであるリッジライン・バハ・レース・トラック

    から始まり、GRCシビッククーペ、インディへと変身し、最後には[…]

  • 1000万円のホンダVTECマシン
    ビーストアルファがリリース!!

    昨年アメリカ・カリフォルニアの新興ブランド「Rezvani Motors」から発表された

    ロータスのアルミフレームをベースにホンダの2.4LのK型エンジンを搭載し、500馬力を

    発生する最強のホンダK型エンジン「ビースト アルファ[…]

  • ホンダ・インサイト
    スバルの3.3L 水平対向6気筒エンジンをスワップ!!?[…]

  • ホンダ・オーストラリア
    新型シビックハッチバックオレンジ・エディションを発売

    ホンダ・オーストラリアは、新型シビックハッチバックの発売を記念し、

    シビックハッチバック オレンジ・エディションを発表しました。

     

    オレンジ・エディションは17インチアルミホイールに加え、オレンジ色の前後スポイラー、

    デカールセット、サイドスカートなどの機能を含めて、+2,998ドル(約25万円)でカスタマイズ[…]

  • 新型シビックSI、販売価格は23,900ドル(約270万円)から!

    2017年5月13日より全米で販売開始となった新型シビックSiの価格が発表されました。

    新型シビックSiはセダンとクーペの2種類が販売されいずれも販売価格は23,900ドル

    (約270万円)からとなっています。

    型シビックSiは、シビック45年の歴史の中でも、最も野心的なモデルと言われており、

    新設計のプラットフォーム[…]

  • HONDA-CONNECT さんが新しい投稿「シビックタイプRピックアップ!?」を公開しました。 2017年5月12日 6:45 AM

    シビックタイプRピックアップ!?

    はい。皆様も既にお気づきの通り、”リアル”ではありません(笑)

    このHCでも何度もご紹介させて頂いておりますレンダリング画像でお馴染みの

    X-Tomi Designさんの新作「HONDA CIVIC TypeRピックアップ」が公開されました!

    以前も新型シビック カブリオレのレンダリング画像で話題となりましたが、

    今回はなんとピックアップ!

    これはまた斬[…]

  • @maytoshiakiさん 後編ありがとうございます!気づきませんでした(笑)

  • 新型シビックタイプRの価格を発表!
    英国での価格は30,995ポンド(約454万円)から!
    UKホンダは7月より販売を開始する新型シビックタイプR FK8の英国での販売価格を発表

    しました。

     

    価格はエントリーモデルで£30,995(日本円にして約454万円)からとなっており、

    GTバージョンが£2,000高い、£32,995(約483万円)とな[…]

    • ホンダUKは、7分43秒80でニュルブルクリンクのFF最速記録を塗り替えたホンダ 新型シビックタイプRの英国での価格を発表した。新型シビックタイプRのエントリーモデルは3万995ポンド、日本円で約455万で販売されることになる。
      また、ブラインドスポットインフォメーションやホンダコネクト、LEDフロントフォグランプなど、より装備が充実したGTバージョンが2000ポンド追加の3万2995ポンド、日本円で約484万で販売される予定である。

      ※1ポンド146.7円で計算(2017年5月9日現在)

      ホンダUKのフィル・ウェッブ氏は、「先代シビックタイプRと同様に、新型モデルは大きな需要が見込まれています。3月のジュネーブモーターショー以降、大きな期待が寄せられていると実感しています。」とコメントした。

      ちなみに、2015年12月に日本で750台限定販売された先代シビックタイプRの価格は428万円(消費税込)だった。

      新型シビックタイプR は、2リッター VTEC ターボエンジンが進化し、最高出力は先代モデルを上回る320馬力、最大トルクは400N・mを発揮する。

      また、6速マニュアルトランスミッションのローレシオ化によって加速性能が向上。加えて、新プラットフォームの採用によるねじり剛性の大幅向上(プラス38%)やボディーの軽量化(マイナス16kg)、マルチリンク式リアサスペンションの採用によるステアリングの応答性やコーナリング性能がさらに向上し、これらにより運動性能が大幅に上がっている。

      また、新型シビックタイプR は、サーキットでの走行性能だけではなく、一般公道でのグランド ツアラー性能も大幅に進化しており、新たに設定したコンフォートモードを含む3つのドライビングモードによって、市街地からサーキットまで、より幅広い走行シーンも快適に楽しめるモデルに仕上がっている。

  • 筑波サーキット、最新スーパーカー全開タイムアタック!!

    雑誌CARトップ、WEB CARTOPさんの名物企画、2017年3月25日の筑波フェスティバルで

    CARトップが公開で実施した最新スーパーカー全開タイ[…]

    • この後編、【CARトップTV第9回】最新スーパーカー5台本気レース! New super car battle
      もうpされてます。

      タイムアタック結果からのリバースグリッド、NSXの巻き返しなるか!?

    • @maytoshiakiさん 後編ありがとうございます!気づきませんでした(笑)

  • ホンダS660がワゴン車に追突され大破。。。

    今月2日昼前、東京・江戸川区で信号待ちをしていたS660含む2台の車に

    ワゴン車が追突し、1歳の女の子を含む4人が軽傷を負いました。

     

    以下news24より引用
     2日昼前、東京・江戸川区で信号待ちをしていた2台の車にワゴン車が追突し、1歳の女の子を含む4人が軽傷を負った。

    警視庁によると2日午前11時半すぎ、江戸川区西小岩の都道で信号待ちをし[…]

  • 1.5Lターボシビック
    ECUチューンで226馬力をマーク!!

    アメリカ・カリフォルニアにあるホンダ車専門のECUツールメーカー「HONDATA」は

    自社の開発車両である1.5Lターボエンジンを搭載するシビックハッチで約35馬力アップとなる

    最高出力226馬力、最大トルク344Nmを達成しました!

     

    HONDATAのFlash ProでセッティングされたFK7は、ノーマル約1キロのブースト[…]

  • HONDA S2000
    ノーマルエンジンでニュル7分59.8をマーク!

    以前、走行距離20万kmの NA型マツダ「ロードスター」でニュル8分37秒7を叩き出し

    話題となったYOUTUBEチャンネル「O[…]

  • HONDA-CONNECT さんが新しい投稿「「プレリュード」復活か!?」を公開しました。 2017年4月28日 6:34 AM

    「プレリュード」復活か!?

    自動車情報サイトResponseさんによると、あの一世を風靡したデートカーの代名詞

    「プレリュード」に復活の可能性があると伝えました。

     

    1978年から2001年まで5世代に渡り販売されたプレリュードは、当時としては日本車離れした

    斬新なデザインが女性にも好評で「デートカー」という言葉を生み出すほど一世を風靡した

    2ドア ノッチバッククーペです。

    販売[…]

  • HONDA-CONNECTさんが新しいコメントを投稿しました。 2017年4月28日 5:45 AM

    日本に来るのが待ち遠しいですね(^^)

  • 新型シビックタイプR
    イギリスより続々と出荷されている模様!

    イギリス・スウィンドン工場近くの道路で出荷中の新型シビックタイプR FK8が

    多数目撃されました!!

     

    先日、ニュル7分43秒80を叩き出し見事FF最速王座へ返り咲いた世界最速のシビックが

    イギリス・スウィンドン工場よりアメリカへ向け、続々と出荷されているようです。

    今春ア[…]

  • もっと読み込む