カテゴリー別アーカイブ: 未分類

321.jpg

 パイクスピーク2015 新型NSXもペースカーとしてデビューしたアメリカはコロラドスプリングスで毎年開催されるレース 「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」は標高2862m地点からスタートし4302mの頂上までの、全長およそ20kmのコースです。156ものコーナーがあり登れば登るほど空気が薄くなるので、頂上付近ではエンジンの出力は4割ほどダウン。海抜0メートル地点で500psの出力をもつマシンも、上へ行くと300psくらいまで落ると言う。  マシンは「Electric... 続きを読む

blog_import_524eb7c0ab2a0.jpg

 このNSX道路が完全に冠水しているにも関わらずガンガン突き進んでいってます! 普通、冠水道路に入るとエンジンが止まってしまいますが、このNSXは止まることなく冠水道路を脱出!! これはNSXのエアダクトは上にあり、アクセルを緩めることなく走り続けたからよかったのだ。 これから梅雨の時期は雨も多く、道路が冠水することも多いでしょう。 そこで、もしも冠水道路に直面した時の対処法をご紹介。   まず1番にお勧めするのは素直に迂回すること。それほど水にはリスクがあります。 しかしどうしても迂回できない場合、渋滞で戻れない、男として引けないwなど行くしかないという状況もあるでしょう。 そんな時はまず、前の車が通過できるかを確認します。間違っても続いて侵入しないこと! エンジンが停止する理由は大きく分けて3つあります。   1、マフラーから水が入り排気できなくなりエンジンが止まる。 2、電気系統がやられる。 3、吸気ダクトから水を吸ってしまう。 1のマフラーから水が入って止まるという事は排気ガスの出口を水で塞ぐ事でエンジンが排気できなくなりエンジンがストールする為です。 2は文字通り電気系統、デスビやコンピューターが水でやられるため電気が落ちます。 3これは一番痛手になってしまいます。水を吸気ダクトから吸うことで、水がエンジン内部、燃焼室に侵入します。通常エンジンはガソリンと空気を圧縮して燃焼させとおり、空気は圧縮することが出来ますが、水は圧縮することが出来ません。しかしエンジンは回り続けているので無理やり圧縮しようとします。この時この圧力の逃げ道がない為、全ての力がコンロッドにかかってきます。 コンロッドは限界以上のパワーを受け曲がります。 これをウォーターハンマーと言います。   これは私前職で何台もオーバーホールしてきました。 エンジンの回転数が低い場合コンロッドが曲がる前にエンジンを止めてしまう為ここまで大事にならないこともありますが、一度燃焼室に水が入ると水を抜かない限りエンジンはかかりませんし、プラグもかぶっているのでこれも交換する必要があります。 この3に関しては上げるとキリがないほど色々なトラブルの原因を作ってしまうので要注意です。特にホンダ車のTYPERなどのクリーナー&BOXにはバンパーダクトからフレッシュエアーを引くため低い位置に吸気口があるものが多いのでさらに注意が必要です! なので、冠水道路を通過する場合、以上の事をクリアしていく必要があります。 前車がちゃんと通過できたかを確認してから(同じぐらいの車高なのかが重要。前がハマーH1などでは全く参考になりません)排気に水が入らないようにローギアで一定回転数以上回し続けて、水の抵抗は凄いので一度侵入すると止まらずに一気に抜けだしましょう。 そして吸気はダクトが低い場合は諦める方が間違いありませんが、どうしても俺は行く!と決心した方はエンジンルームからダクトを外して突撃してください。これでとりあえずダクトから吸うことはありません。突撃する場合万が一途中で止まった場合水圧でドアが開かない事がありますので窓は全開!! そして速やかに車を捨てて脱出してください。   が……前の車が止まった場合は絶対に行ってはいけません。 通過できたとしてもあくまでベストは迂回です!!     ... 続きを読む

11205514_836067059782055_913754290774488217_n-e1431292104680.jpg

Hondaから期間限定商品の注文受付が始まりました! 荒川眞一郎氏デザインのTシャツ.デニム.名刺入れ.京扇子の4つのアイテム。 TVCMでおなじみのHondaの5つの「言葉」Tシャツ。 7020円 22オンスを使用した岡山デニム。27000円 こちらは限定200本 シルバーとカウレザーを使用した名刺入れ。 17820円 和紙と竹を使った職人手作りの扇子。 大11880円 限定250本  小11880円 限定150本 ご注文受付期間は5月7日(木)15:00から5月27日(水)15:00まで! ホンダファンならば是非ゲットしてみてはいかがでしょうか? ... 続きを読む