カテゴリー別アーカイブ: リッジライン

FOX_Marketing_Ridgeline_011.jpg

4台のカスタムリッジラインを公開!   SEMAショーでデビュー!    ホンダは、11月1日よりアメリカ・ラスベガスで開催される 2016SEMAショーに出展される4台のカスタムされた、 新型リッジラインの画像を公開しました。   4台のリッジラインは、それぞれ「ホンダ」「MAD... 続きを読む

2017hondaridgelineaug4-775x437.jpg

HONDAとPESが再びフィーチャー!    PESの表現するHONDAの世界観が素晴らしい!   HONDAは世界的に有名なストップモーションアーティスト「PES」と 共同制作したリッジラインの新CM「The... 続きを読む

5-112.jpe

北米カーオブザイヤー2017のノミネート車種を発表!!   ホンダからはあの2台が選ばれる!      毎年開催される「北米カー・オブ・ザ・イヤー」と「トラック&SUV・オブ・ザ・イヤー」 その2017度のノミネート車種、全43台が発表されました。   また今回から新たに「トラック&SUV・オブ・ザ・イヤー」を 「トラック・オブ・ザ・イヤー」と「SUV・オブ・ザ・イヤー」の2部門に分け 計3カテゴリーでの選考が始まります。   今回ノミネートされた車両は全43台、 内ホンダからは、乗用車部門にアキュラ「NSX」と、 トラック部門にホンダ「リッジライン」の2台がノミネートされています。   今年の「2016北米カーオブザイヤー」では見事1位に輝いた ホンダ「シビックセダン」に続き、NSXで2冠達成となるのでしょうか!?   また、「2016トラック&SUV・オブ・ザ・イヤー」ではボルボ「XC90」に大差をつけられ 惜しくも2位となったホンダ「パイロット」。 ホンダ「リッジライン」がトラック部門を制覇出来るのか!?   今年注目の2台なだけに、ホンダの2冠獲得が期待されます!!   今後、9月、12月と選考が行われ、各カテゴリーに3台ずつ, 計9台のファイナリストに絞られる予定となっています。   ●乗用車部門アキュラ「NSX」アルファロメオ「ジュリア」アウディ「A4」アウディ「R8」ベントレー「ミュルザンヌ」ビュイック「カスケーダ」ビュイック「ラクロス」キャデラック「CT6」シボレー「ボルト」シボレー「クルーズ」フィアット「124スパイダー」ジェネシス「G90」ヒュンダイ「エラントラ」インフィニティ「Q60」ジャガー「XE」起亜「カデンツァ」リンカーン「コンチネンタル」メルセデス・ベンツ「Eクラス」メルセデス・ベンツ「S550... 続きを読む

2017-Honda-Ridgeline-20-e1452551994241.jpg

新型リッジライン北米国際自動車ショーでデビュー!      今月11日~24日まで米国デトロイトで開催される、 北米国際自動車ショー(NAIAS)で新型「リッジライン」が発表されました。   アメリカで開発された、新しいリッジラインは、 ユニボディからなっており、、クラストップの室内と荷台の広さを実現しました。 また初代からご好評をいただいている二方向に開閉可能なテールゲートなどに加え、 新たにピックアップトラックとして初めて荷台に本格的な音響システムを搭載するなど、 Honda独自の装備を一層充実させることでさまざまな用途に対応する優れた使い勝手を実現しています。  電子制御四輪駆動システム「i-VTM4」を採用し、 さまざまな環境下での走行性能と牽引能力をさらに高めました。 さらに、次世代ACEボディーと先進の安全運転支援システム 「Honda... 続きを読む

hondaridgeline-ldr03-kgp-ed-1-e1448014203906.jpg

   2017新型リッジラインのスパイショット      第二世代となる、新型リッジラインのカモフラージュボディーが公開されました。  新型リッジラインは、従来のモデルで指摘されていたピックアップトラックとしての能力の低さ、主に(非力なエンジン、牽引能力不足、モノコックボディの耐久性不安、短い荷台)などの不満を解消すべく、従来のモノコックから、オフローダーとしての能力を高めるため、より頑丈で耐久性のあるフレーム構造へと変更。 また、2016パイロットと同じV6... 続きを読む

2015_SEMA_Baja_Ridgeline_01-610x419.jpg

 新型リッジライン SEMAショーでデビュー!!       本日3日より6日までアメリカ、ラスベガスで開催されます「SEMA show」で新型リッジラインが初公開されました。   「ホンダ... 続きを読む