002_o-e1455403381156.jpg

今期スーパーGT500、「NSX CONCEPT-GT」は、脱ハイブリッド!

002_o

 

 

 ホンダは今月12日、2016年モータースポーツ活動計画を発表。

そこでスーパーGT GT500クラスに参戦する「NSX CONCEPT-GT」のパワーユニットが、

これまでのハイブリッドから、2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンになると発表しました。

2014年からGT500クラスに導入された唯一のミッドシップ+ハイブリッドを持つNSXでしたが、

ひとまずこれにピリオドを打ち、新たな体制での参戦となります。

 

 

脱ハイブリッドとその理由

 

その1番の原因として多く語られていたのが、ハイブリッドシステムによる重量ハンデ。

他車に比べ、ブレーキングや加速、タイヤへの負担など、全ての面で不利な上、

その重量分の燃費の悪さから、給油時間もライバルに比べると明らかに長かったなど、

多くの憶測を呼んでいました。(NSX GTは、1077kg。 GT-Rは1020kg)

しかしホンダGTプロジェクトリーダーである松本雅彦は、この考えを否定。

 

その理由はバッテリーサプライヤーにあると答えました

AutoSportsによると昨年、供給元から、バッテリーを供給することが非常に厳しくなったという連絡を受け、

代替として、自社での開発を考えていたそうですが、開発時間やコスト面を考えると、

現状では非常に厳しいという判断にいたり、やむなく「ハイブリッド非搭載」での参戦となると語りました。

 

また松本氏は、「元々重量分に相当する21kWをアシストすることができていた為、

ハイブリッドシステムを降ろしても、性能的にはプラスマイナスはない。

ただ、軽くなるので、それをどう生かしていくかが鍵になる」と答えています。

01

 

元々市販車となるNSXのレイアウトに合わせてなかば強引にミッドシップ化、

+ハイブリッドを搭載したNSX-GTですが、

NSXが発売される年にハイブリッドを搭載しなくなるとは、なんとも残念な気がしますね。

 

しかしこれが本来のレーシングカーの自然な姿なのかもしれませんね!

NSX-GTの今年に期待したい!!

 

source http://as-web.jp/

 

 

 

 

 

コメントを残す