019.jpg

 「CR-Z GT」SUPER GTシリーズGT300クラスへの参戦を終了!

 

976118

 

Hondaは、2015年のシーズンをもって、「CR-Z GT」によるSUPER GTシリーズ※1GT300クラスへの参戦を終了することを決定しました。

CR-Z GTは、国内最高峰レースという過酷な条件下でのハイブリッド技術の開発や、将来のモータースポーツにおける新たな技術の提案を目的に、2012年シーズンの中盤より、レーシングハイブリッドシステムを搭載したマシンとして、SUPER GTシリーズに参戦を開始しました。参戦2戦目には、ハイブリッドレーシングカーとして初めてポールポジションを獲得、翌2013年シーズンには、第3戦マレーシア・セパンサーキットにて「オートバックス・レーシング・チーム・アグリ」(高木真一/小林崇志組)が初優勝を飾ったほか、「TEAM無限」(武藤英紀/中山友貴組)が同シーズンのシリーズタイトルを獲得しました。
さらに、CR-Z GTで得たノウハウを活用した進化版のハイブリッドシステムを搭載した「NSX CONCEPT-GT」が、2014年よりGT500クラスに参戦を開始するなど、モータースポーツにおけるハイブリッド技術の進化に向けてチャレンジを続けてきました。
4年間でシリーズ公式戦通算28戦※2に出場し、6回のポールポジション、4回の優勝を果たすとともに、2013年にドライバー、チームのダブルタイトルを獲得しました。11月15日にツインリンクもてぎで行われる最終戦が、SUPER GTシリーズでの最後のレースとなります。

なお、12月6日にツインリンクもてぎで開催予定の「Honda Racing THANKS DAY」にて、CR-Z GTのファイナルセレモニーを行う予定です。

ソース Honda

 

何と!残念です。。。

 

 

honda-mugen-cr-z-gt-2012-01

crz1

01

コメントを残す