01___2018_honda_accord_touring

2018新型アコードデビュー!!

01___2018_honda_accord_touring

USホンダは7月14日、米国ミシガン州デトロイトにて、2018年モデルとなる新型アコードを

世界初公開しました。

この秋に全米で発売されるより新型アコードは次世代のホンダデザインが特徴的で、

スタイリッシュ且つ、中型クラスを超える室内空間と品質を兼ねた、

プレミアムなホンダセダンとなっています。

 

10世代目となる新型アコードには192馬力・260 Nmを発揮する1.5Lターボエンジンと、

その多くをシビックタイプRとの共有する252馬力・369 Nmを発生する新開発された

2.0Lターボエンジンを搭載。

また2Lアトキンソンサイクルエンジンと2モーターを搭載するハイブリッドの

3つのモデルが発表されました。

またCVT,6速マニュアルの設定はもちろん、ホンダが開発したFF初となる10速オートマチック

トランスミッション(10AT)も2.0リッターエンジンと組み合わされ搭載されます。

02___2018_honda_accord_touring 04___2018_honda_accord_touring 06___2018_honda_accord_touring 09___2018_honda_accord_touring 10___2018_honda_accord_touring 11___2018_honda_accord_touring 12___2018_honda_accord_touring 13___2018_honda_accord_touring 18___2018_honda_accord_hybrid 19____2018_honda_accord_touring 20___2018_honda_accord_touring 21___2018_honda_accord_touring 22___2018_honda_accord_touring 24___2018_accord_2-0_turbo_engine_with_10_at 25___2018_accord_2-0_turbo_engine_with_10_at

足回りはフロントにマクファーソン・ストラット、リアはマルチリンクとなっており、

アコード初のアダプティブダンパーシステムが搭載されます。

また、軽量で高剛性のボディと新しいシャーシ設計によって、重心が10ミリ低くなったボディーは

車体のねじり剛性+32%、曲げ剛性は+24%とそれぞれ向上しており、乗り心地、キャビンの

静粛性、運動性能などが向上。

車両総重量も約110〜176ポンド(49.9〜79.8 kg)程の軽量化に成功しています。

source http://hondanews.com/releases/dramatic-design-of-reimagined-2018-honda-accord-signals-new-direction-for-america-s-retail-best-selling-midsize-sedan

 

関連記事

新型アコード、ティーザーイメージを公開!

 

コメントを残す