img20170215172643

大学生が8万円でホンダ「シビック」を

オートパイロットカーに改造!

img20170215172643

アメリカ・マサチューセッツ工科大学の科学技術誌MIT Technology Reviewによると、

アメリカのネブラスカ大学4年のBrevan Jorgensonさんは、オープンソースのハードウェア設計図

とソフトウェアを用いてホンダのシビックを改造し、今年の1月下旬に一般道路上でブレーキや

アクセル、ステアリングを制御する自動走行に成功したことを伝えました。

 

Brevan Jorgensonさんが使用したオープンソースのハードウェア設計図とソフトウェアとは、

以前こちらでもご紹介しました、若干17歳にして世界で初めてiPhoneのジェイルブレイクに

個人として初めて成功し、その後プレイステーション3を誰よりも早くハッキングした事で知られる

天才プログラマーにして伝説的なハッカーであるジョージ・ホッツ氏の率いる「comma.ai」が

開発した「Comma One」を使用。

 

「comma.ai」から999ドル(約114,000円)で販売される予定でしたが、アメリカ運輸省道路交通

安全局(NHTSA)から「comma one」の技術的詳細や安全注意事項を求める書面(「comma one」

の安全性を懸念しており、「安全性が確認されるまでは、製品の販売および公道での製品を使用し

ないことを強く推奨します」との内容)を受け、

comma.aiのCEOジョージ・ホッツ氏は規制当局に対処するよりも、

このプロジェクトを中止し、新しい技術開発に専念する事を選択し、「comma one」を

誰でも使えるように「openpilot」の名でオープンソース化していたのだそうです。

 

それを利用した大学生であるBrevan Jorgensonさんが約8万円でシビックの自動運転化に

成功!「openpilot」は適応型走行制御と、車線逸脱防止支援システムの2つの機能が

備わっており、性能はテスラの自動運転機能オートパイロットの初期型に匹敵するほどの

内容なのだそうです。

因みにBrevan Jorgensonさんはこのテストで、自分のおばあちゃんを夜のドライブに

連れて行ったのだそうです♪

オープンソース化で才能ある若者がそれを利用し、更なる技術の発展に貢献する事は

素晴らしいことだと思いますが、いつか事故が起こりそうで怖い気もしますね!

source https://www.technologyreview.com/s/603637/how-a-college-kid-made-his-honda-civic-self-driving-for-700/

 

 

関連記事

伝説的ハッカーが作った自動運転カーアップグレードキット「comma one」の開発の中止を発表

a57-e14504154756601-1

コメントを残す